1人暮らしの知恵袋|お部屋探しや節約術・収納術などの役立つ知恵袋

一人暮らし費用1ヶ月シミュレーションと節約ポイント

一人暮らしにかかる費用を1ヶ月シミュレーションします!節約のポイントも一緒にご紹介!

一人暮らししたいけど、今のお給料で生活できるのかな・・・どのくらい出費が増えるんだろう・・・といった疑問がまず出てきますよね。

初めて一人暮らしする方にとっては、こんなことまでお金がかかっていたんだ!と驚くこともあるかもしれません。

どこにお金がかかっているのかが分れば、節約のポイントも分ってきます!

では、一人暮らしは1ヶ月に何にどれだけ費用がかかっているのかシミュレーションしていきましょう。

一人暮らしで必要な生活費

一人暮らしで必要となる費用は?相場はいくらか

家賃

一人暮らし費用の中でも一番大きな出費、家賃。一人暮らしなら1Rや1Kのお部屋を借りていることが多く、平均家賃は6万前後です。
立地が家賃に大きく関わってくるので、郊外や地方だと4万円代でもお部屋はありますが、交通の便もいい都心であれば7万円くらい家賃がかかります。
しかし、家賃は給料の手取りの3分の1以下で抑えないと生活が厳しくなってしまうので、立地も外せない条件ですが、お給料に見合った家賃設定が必要です。

節約ポイント

  • お部屋探しの際に条件を絞りすぎないようにする
  • 不動産会社を仲介するのではなく、大家さんと直接家賃交渉できる機会をつくる

水道・電気・ガス

季節によって変動しやすい水道・光熱費ですが、ざっくりまとめて1万円以内に収まるとしましょう。
水道やガスはお風呂好きか、料理をするか、電気代は家にいる時間が長いかなど人によっても使い方が変わってきます。
使い方によっては節約しやすい費用とも言えます。

節約ポイント

水道

  • 洗濯機はある程度洗濯物が溜まってから回す
  • シャワーヘッドをつける

電気

  • エアコンは掃除して効きを良くする
  • 家電を省電力設定にする

ガス

  • 自炊をするなら作り置きしておく
  • お部屋探しの際にプロパンガスよりも都市ガスを利用した物件を探す

食費

一人暮らしの食費は意外と高くつく場合があります。
作る暇がない、一人分だけ作るのは面倒となって外食になりがちですし、特に昼食は外食する人が多いのではないのでしょうか?
昼食だけでも1日1000円弱するとします。その場合お昼ごはんだけで単純に計算して月に3万位になるときもあります。
自炊をする場合も考えながら買物をし、食材を使っていかないとよけいコストがかかる場合もあります。

節約ポイント

  • 予算を決めて週末に食材をまとめ買いする
  • 冷凍保存で食材を長持ちさせる
  • 週末に作り置きをしてお弁当に活用する

通信費

携帯・スマホ代、インターネットのプロバイダ料金をあわせて月に1万円ちょっとかかってしまうときもあります。
携帯・スマホはキャリアやプランを、インターネットは契約しているプロバイダを見直すことで出費を抑えることができます。

節約ポイント

  • インターネット回線を見直す
  • インターネット使い放題の物件にする
  • スマホを格安スマホに変える

生活日用品

洗剤、トイレットペーパー、ごみ袋など、実家ならお母さんとかが買ってきてくれていたものも当然一人暮らしなら自分で用意しないといけません。買う月、買わない月がありますが、大体月3000円と見積もっておきましょう。
シャンプーなどこだわりがある人はさらに出費が多くなりがちです。

節約ポイント

  • ドラッグストアのセールやポイントが付く日に購入する
  • ペットボトルなどリサイクルできるゴミはリサイクルへ

交際費

人によってはお給料のほとんどが交際費で消費してしまっているという人もいるのではないのでしょうか?
1回の飲み会で5000円位は使ってしまうので、飲み会が好きだったりすると毎週飲みに行くこともあるでしょう。
さらに週末友達と外食したり遊んだり、恋人とデートしたりすると結構出費はかさみます。

毎週飲みに行くとして月4回で計算して月2万円、毎週末遊んだりデートするとして月4回で月2万~3万。
特別なことをしていなくても、このような交際費だけで月4~5万はかかってしまいます。

節約ポイント

  • お金のかからない遊びをする
  • せっかくの一人暮らし!外食ではなく家飲みやホームパーティをして集まる
  • 趣味を見つけて一人の時間をつくる

結果1ヶ月にいくらかかるのか実例を紹介

一人暮らしの人の1ヶ月の出費の実例

大学生女性(20歳)の場合

家賃:52,000円
水道・ガス・電気:7,000円
食費:15,000円
通信費:8,000円
生活日用品:2,000円
交際費:30,000円
その他:20,000円

合計:134,000円

大学生なので仕送りとアルバイト代でやりくりしています。
サークル活動で交際費がどうしてもいるので、普段の食費をアルバイト先のまかないなどですませて抑えています。

社会人男性(24歳)の場合

家賃:60,000円
水道・ガス・電気:8,000円
食費:30,000円
通信費:13,000円
生活日用品:3,000円
交際費:50,000円
その他:25,000円

合計:189,000円

家賃は60,000万ですが、住宅手当が20,000万円つくので、実質40,000円です。デート代や会社での飲み会などで今月は交際費が多くなっています。
通信費を抑えるために格安スマホへの乗り換えを検討しています。
これらの出費とは別に貯金もしっかりしていますよ。

社会人女性(28歳)の場合

家賃:65,000円
水道・ガス・電気:8,000円
食費:25,000円
通信費:7,000円
生活日用品:4,000円
交際費:30,000円
その他:32,000円

合計:171,000円

お風呂に浸かるのが日々の癒しなのでガス代はちょっと高めですね。しかし、水道代は家賃に含まれているため気にせずに使えています。
大学の奨学金の返済があるためその他の項目がちょっと高めになっています。

社会人男性(31歳)の場合

家賃:65,000円
水道・ガス・電気:7,000円
食費:28,000円
通信費:10,000円
生活日用品:5,000円
交際費:60,000円
その他:45,000円

合計:220,000円

会社の後輩を連れて飲みにいくことも多く交際費は高くなりがちです。
しかし毎月積立貯金もしているのでなるべく普段の食費や生活用品で無駄使いしないように気を付けています。

関連記事

  1. 一人暮らしにおススメの節約レシピを紹介します!

    一人暮らしに最適!作り置きレシピで節約生活

  2. 毎日使うバスルームは一人暮らしであっても毎日掃除するほうがいい

    一人暮らしお部屋の掃除術&便利グッズを紹介!<バスルーム編>

  3. 一人暮らしは特に注目したい防犯・ストーカー対策を紹介!

    初めての一人暮らしは要注意!一人暮らしの防犯・ストーカー対策

  4. 狭い一人暮らしの部屋の収納術を紹介します!

    狭い部屋でもスッキリ快適!一人暮らしの収納術アイディア

  5. 賃貸マンションでもすきなようにインテリアコーディネートができるDIYを紹介

    狭い賃貸マンションでもできるDIYでお家カスタマイズ

  6. 一人暮らしのキッチンお掃除術を紹介!

    一人暮らしお部屋の掃除術&便利グッズを紹介!<キッチン編>

おすすめ記事

  1. 物件入居後トラブル・こんなときはどうする?

ピックアップ記事

  1. 入居後に起こり得るトラブルと解決法を紹介します!
    入居してみないと分らない問題はたくさんあります。また、入居してから分る物件内の暗黙のルールやマナ…

おすすめ記事

  1. 物件入居後トラブル・こんなときはどうする?
  2. 初めての一人暮らしは要注意!一人暮らしの防犯・ストーカー対策
  3. 使える!今すぐ欲しい!一人暮らし100円アイテム活用法
ページ上部へ戻る